【保有銘柄1】急成長株バイオテクノロジー会社モデルナ(MRNA)〜初めて買った株!

アメリカ株保有株:モデルナ(MRNA)

https://gojukara.com

私はアメリカ在住なので、株式取引は、アメリカのネット証券会社、TDアメリトレードを使っています。新規口座を開いて、2019年11月に1000ドルを入金するまではスムーズだったんですが、その後、仕事が激務でストレスで、何もやる余裕がなくて放置。実際に株を買ったのは、2020年3月です(笑)

スマートウォッチのFitbit Versa 2が超お気に入りなので、初めて買う株は、絶対フィットビット(ティッカーシンボル:FIT)と思ってたのに、私が口座開いてほどなく、グーグルが買収するって話がでて、株価が上昇。掘り出し物のはずが、乗り遅れた気がしたので、お見送り。

株価をちょくちょく調べてたものの、下がる気配もないまま、ぼやぼやしてたら3月のコロナショックですよ。アメリカ株が暴落するパニック状態。初心者なのに、いきなり荒れ狂う大海原にダイブ!溺れながら泳ぎを覚えるスタイルです。

記念すべき初めての株は、バイオテクノロジー会社、Moderna モデルナ(ティッカーシンボル:MRNA)

新型コロナウィルスが心配過ぎて、ニュース読みまくってた時にでくわして、ワクチン開発してる会社ってことで買いました。ここだけが開発してるわけじゃないだろうけど、なんとなく、いい感じと思ってw ワクチン開発のフロントランナーって知ったのは、後からです。株買ったから気になるから、ニュースに出てたら必ず読むし、調べるし、いろいろ勉強に身が入っていいですね。

この時点の元手1000ドル。モデルナ1株=27.83ドルで30株。今にして思うと、予算内で35株変えたのに、165.10ドル残した意味がわからないです。

買い方がよくわからなかったのと、ニュースに名前が出た直後で、株価がぐいぐい上昇してる最中だったから、焦って計算ができなかったのかな。謎。

モデルナ(ティッカーシンボル:MRNA)は、4月17日週末の終わり値が46.85ドル。

ということは、買ってから41日で68.34%の伸び、含み益が570.60ドル。1ドル=107円換算とすると、1ヶ月ちょっとで61,054円の儲けになります。急成長株の威力、すごい!

新型コロナウィルスのワクチン開発は何処の製薬会社も必死で、競争が激しいし、巷では、今の株価が「ワクチンできたかのような爆上げ」「実力以上に高く評価されてる」という声もきくし、初めて買った株がまんまと当たってる、こんないい話が長続きするはずないっていう気持ちもあったので、ここらで利益確定した方がいいかなーっていう気持ちがあったんだけど、そしたら、「米国生物医学先端研究開発局(BARDA)から最大4億8300万ドル(約520億円)の助成金」(ウォールストリート・ジャーナル)なんてニュースが出てたので、やっぱり保持。

国がテコ入れするってことは、良い結果が何か出てて、将来性のある有望株ってことに違いないですよね。しかも、パンデミックなんで。アメリカだけじゃなく、世界中で新型コロナウィルスのワクチンは待ち望まれてるんで、がんばってもらいたい!

最高の筋書きで話が進めば、「モデルナのコロナワクチン、最初の治験結果が出るのは2カ月余り先か」(ブルムバーグ)とのことなので、最低そこまでは見守りたいなと思っています。

なんせ、これまで株買ったことないから、どのくらいまで上がると期待できるのか、全く見当がつかないんですが、Yahoo!Japanファイナンスの掲示板とか見たら、アナリストが予想株価?57ドルって言ってたとか、完成したら100ドルなんてあっと言う間とか、ポジティブな意見(希望的観測?w)が多くて、気分いいです。

まぁ、確実なことがわかるよういろいろ勉強するのも大事とはいえ、一方で、そんな勉強熱心で優秀な人、専門家ばかりが個人株主じゃないので、巷の声、雰囲気も大事と思って、株の掲示板、読んで、大いに参考にしています。

英語でも情報収集はしてるけど、すいすいざっと読めるのは、やっぱり母国語。米国個別株の情報収集、Yahoo!Japanファイナンスなり、英語記事の翻訳が即出るウォール・ストリート・ジャーナルやブルムバーグ、みんなの株式なり、日本語でも情報は十分出ていて、助かってます。

いやぁ、米国個別株、夢あるねー!

只今のモデルナ過去9ヶ月分株価の動き

本日の株価の動き MRNA

-ポートフォリオ
-,

© 2020 ゴジュウカラの米国株投資ブログ